伊賀焼の郷『長谷園』は1832年(天保3年)の創業

長谷園(長谷陶製陶株式会社)は1832年(天保3年)の伊賀焼の老舗ブランドです。伊賀焼の歴史は古く、凡そ1300年程前から続く日本の伝統工芸です。

先ずは、 伊賀焼の特徴をご紹介させていただきます。

伊賀焼の命とも言える。伊賀土は、かつてこの地が、琵琶湖の湖底であったことから、炭化した植物を多く含んでおり、そのため、高温で焼製すると、植物の遺骸だった部分が燃え尽き、細かな空洞ができます。このことで、土鍋本体がしっかりと熱を蓄え、食材の芯までじっくりと火を通すようになるので、旨味を逃さず美味しい料理を作ることができる。それが、伊賀焼の最大の特徴です。

このように、伊賀焼は、その命とも言える。土に恵まれた土地で、興った焼き物の一大産地なのです。

その中でも、長谷園は、伊賀焼で唯一、三重県ブランドに指定され、伊賀焼の代名詞とも言える。一流メーカーです。

長谷園の祖は、長谷源治。今から180年程前に、伊賀丸林の地で開窯したのが、始まりです。現八代目当主長谷康弘氏は、「いかに飯を旨く食い、いかに旨く酒を飲むか。」を会社の社是に掲げ、その言葉の通り、古い常識のみに捉われず、寧ろその長い歴史で培われたノウハウを活かして、新しい伊賀焼の在り方を模索し続け、その結果。今日の長谷園の歴史と新しいアイディアの融合した素晴らしい商品のラインナップに繋がっています。

その中でも、構想10年の歳月をかけて、作られた、炊飯土鍋”かまどさん”は、伊賀焼の特徴を余すことなく活用した、美味しくご飯を焚き上げるための土鍋として開発され、これが大ヒット商品となります。

その後も、タジン鍋や、ヘルシー蒸し鍋、いぶしぎん。など、時代に即した商品を次々と産み出し、日本の伝統工芸技術と、現代のニーズをマッチさせた”進化した伊賀焼”のパイオニアとも言えるのが、長谷園の焼き物です。

伊賀焼の調理器具は、遠赤外線効果も発揮するため、古くからプロフェッショナルに愛用されてきました。その中でも、長谷園の焼き物は、さらに使い勝手も追求され、ご家庭でもお気軽に使えることから大変ご好評をいただいております。

如何でしたか?せっかくお米に拘っているのに、そのお米の持ち味を活かしきれていなかったり、もしお米に然程こだわりがなかったとしても、この長谷園の土鍋1つあれば、毎日のお食事がいかに美味しく楽しくなることが、伝わりましたでしょうか?

私達が、オススメするものは、自分達で使ってから。ナルホドこれは良い。と思ったもののみをオススメしております。毎日の食卓が明るく豊かに彩られ、日々を楽しく健康に過ごすために必要なものとして、長谷園の焼き物をオススメさせていただきます。

是非一度手に取っていただき、お使いいただければ、必ずや満足して頂けるものと確信しております。

是非一度、長谷園の土鍋で、美味しいご飯をご賞味くださいませ。