1. ホーム
  2. ≫ティフトン芝

ティフトン芝

庭には、様々な特徴がありますが緑の状態を良くしたい場合には芝生を設定する必要があります。芝生を敷くときには、人工芝などもありますが、その一方で自然も知られています。どちらが良いかがその人によって異なりますがもし自分1人で暮らしているわけではない家族等の意見を聞きながらより良いものを選ぶ必要があります。簡単なのはやはり人工芝になるでしょう。人工芝の場合は、購入する時お金がかかりますがそれほど必要ありません。一方で、自然の場合には手入れが少し面倒になります。特に、梅雨を過ぎたあたりは非常に芝生が伸びてきますので十分な手入れができなければ綺麗な庭もみすぼらしく見えてしまうでしょう。ただ、自然なものに関しては料金が安いのが特徴になります。しっかりと手入れすることができる時間があるならば、自然のものもよいかもしれません。

高品質の自然芝の中には、ティフトン芝と呼ばれるものが存在しています。この芝生の特徴は、西洋芝の部類に入りますがその中でも暖かい気候で育つことができるものになります。日本の場合には、北海道の1部なのを除いてある程度温暖な気候になっていますので育てやすい芝生と言う事ができるでしょう。これにより、結果的に手入れがしやすくなり借りにくいのが特徴になります。やはり、しっかりと育ってくれる子馬場非常に手入れが楽になりますので、そのような芝を積極的に取り入れるのも悪くはありません。

ただ、暖かい気候でも伸びるため20度位の気温になると徐々に成長が早くなります。特に、6月ごろから7月ごろにかけては雨がたくさん降りその後は気温が高くなりますのでみるみるうちに成長することができるでしょう。基本に関しては、30度を超えてもまだ成長し続けますので、8月中にも1週間で2センチから3センチぐらいは簡単に成長してしまうものです。完了する場合には、2週間に1度ぐらいは芝生の手入れをしておくことが必要になるわけです。

人気商品ランキング

  1. 三種混合ロール巻芝

    三種混合ロール巻芝は、常緑芝を日本で楽しむために開発された天然西洋芝。西洋芝の中でも、暑さ・寒さ、乾燥に強い特殊な品種を配合した、比較的管理が簡単にしやすい芝です。

  2. 姫高麗(ヒメコウライ) ロール巻芝

    姫高麗(ヒメコウライ) ロール巻芝は、高麗(コウライ)芝の葉が細い種類で、見た目が美しく、主にお庭などの造園工事に使われる日本芝です。

  3. ティフトン芝 ロール巻芝

    甲子園でも採用されているスポーツ芝です。踏まれたり、すり切れたりといったダメージからの回復が早く、きめ細かく柔らかい葉が特長。

商品ギャラリー

  • ベントロール巻芝。ゴルフ場のグリーン用芝生を御家庭にいかがですか?耐寒性が高いために、山間部やゴルフ場に適している芝です。耐暑性が無いために、庭園には適していません。

  • 高麗(コウライ) ロール巻芝。ゴルフ場フェアウェイやお庭、公園など緑化用によく使われている日本芝です。手軽に芝生を楽しみたい方にオススメです!

  • 野芝(ノシバ) ロール巻。ゴルフ場ラフや公園、法面など緑化用によく使われている日本芝です。管理があまり必要ない芝なので、低管理型緑地帯にオススメです!


  • リピア(ヒメイワダレソウ) ロール巻。乾燥に強く、刈込み、肥料、消毒もほぼ不要で雑草を防ぐ効果もあり、管理の手間いらず。春から秋にかけて白っぽい、淡いピンクの花が咲きます。

  • リピア(ヒメイワダレソウ) ピース芝。乾燥に強く、刈込み、肥料、消毒もほぼ不要で雑草を防ぐ効果もあり、管理の手間いらず。春から秋にかけて白っぽい、淡いピンクの花が咲きます。