1. ホーム
  2. ≫三種混合芝

三種混合芝

一般家庭の庭やゴルフやサッカーなどのスポーツ場など芝生はいろいろなところで使われています。種類によって定着の速度や寒さ・暑さに耐えられるかどうか、踏みしめた時に耐えられるのかといった性質が異なり、最適な用途が変わってきます。当然性質に合わない状況になれば、枯れて地面は暗く寂しい色になってしまいます。それでは見た目もよくありませんし芝生の役割を果たせませんので、状況に合わせて張り替えていくことになります。これは作業のために日数とそれなりの費用がかかりますし、根付くまでにも時間がかかります。

その中で、三種混合芝は異なる性質を持った芝生を組み合わせてロール状にしたものです。高品質の三種混合芝ならば、一度張って手入れをしていくことで一年を通して美しい緑を魅せてくれます。暑い夏には夏型の芝生、寒い冬には寒地型の芝生が元気に色づきます。三種類のうち、季節に応じた種類が生きていれば、わざわざ芝生の張替えをする手間と費用がかからないのでとても便利です。そして1年中使えるということで、工事をするタイミングを選ばないというのも大きなメリットです。たとえば何かの施設をオープンするのに、その庭に芝生を張りたいというならば、三種混合芝であればいつでも用意ができます。ロール状であれば自由にカットできて、狭いところも広いところも自由に張ることが出来ます。扱いやすいので工期も短くて済みますから、人件費などの節約にも繋がります。

なお、使用される三種類というのは、たいてい西洋芝です。日本の芝に比べて柔らかいので、野球場やサッカーグランド、子供が地面に倒れ込む公園など使える場所が多くあります。スポーツをするとなれば、激しいプレーで芝生が剥がれしまうこともあります。そんなときには同じ種類の種で補修をしていきます。

ただ、1日も欠かさず緑であると決まっているわけではありません。タイミングによってはどれも枯れてしまうこともあります。三種混合芝を使うのであれば、管理がしやすいという恩恵があると同時に、そういう時もあると受け入れることが必要です。

人気商品ランキング

  1. 三種混合ロール巻芝

    三種混合ロール巻芝は、常緑芝を日本で楽しむために開発された天然西洋芝。西洋芝の中でも、暑さ・寒さ、乾燥に強い特殊な品種を配合した、比較的管理が簡単にしやすい芝です。

  2. 姫高麗(ヒメコウライ) ロール巻芝

    姫高麗(ヒメコウライ) ロール巻芝は、高麗(コウライ)芝の葉が細い種類で、見た目が美しく、主にお庭などの造園工事に使われる日本芝です。

  3. ティフトン芝 ロール巻芝

    甲子園でも採用されているスポーツ芝です。踏まれたり、すり切れたりといったダメージからの回復が早く、きめ細かく柔らかい葉が特長。

商品ギャラリー

  • ベントロール巻芝。ゴルフ場のグリーン用芝生を御家庭にいかがですか?耐寒性が高いために、山間部やゴルフ場に適している芝です。耐暑性が無いために、庭園には適していません。

  • 高麗(コウライ) ロール巻芝。ゴルフ場フェアウェイやお庭、公園など緑化用によく使われている日本芝です。手軽に芝生を楽しみたい方にオススメです!

  • 野芝(ノシバ) ロール巻。ゴルフ場ラフや公園、法面など緑化用によく使われている日本芝です。管理があまり必要ない芝なので、低管理型緑地帯にオススメです!


  • リピア(ヒメイワダレソウ) ロール巻。乾燥に強く、刈込み、肥料、消毒もほぼ不要で雑草を防ぐ効果もあり、管理の手間いらず。春から秋にかけて白っぽい、淡いピンクの花が咲きます。

  • リピア(ヒメイワダレソウ) ピース芝。乾燥に強く、刈込み、肥料、消毒もほぼ不要で雑草を防ぐ効果もあり、管理の手間いらず。春から秋にかけて白っぽい、淡いピンクの花が咲きます。