1. ホーム
  2. ≫姫高麗芝

姫高麗芝

芝生にも、色々な種類があります。近しい場所で自然に生えているものから、公園やリゾート地で見る人工的なものまで、実は細かく見ると千差万別なのです。そしてその中でも特に高品質とされている種類には、姫高麗芝の名が挙げられるでしょう。

まず姫高麗芝は、立派な日本芝の一種です。高麗と聞くと日本感があまりないものの、現在でも国内各地で沢山育てられています。高温多湿な風土を好み気候的にちょうど良いため、長持ちしやすいのがメリットです。

主な特徴としては、葉が柔らかく幅も細くなっています。姫と呼ばれるのも納得の、女性らしい美しさを持っているわけです。また緑豊かに色付く期間が長く、年中ではありませんがその色を何ヶ月も楽しめます。一般家庭で観賞用として育てても、この良さは十分に味わえるでしょう。国内のゴルフ場のグリーンに使われている芝生の大半は、この姫高麗芝か高麗芝なのです。
とはいえ、初心者にも育てやすいかと問われると、簡単に答えは出ません。姫高麗芝は他の芝生よりも育つのが早いので、一旦育て始めると手入れのペースも上げなければなりません。刈取りについてはあまり難しくはないのですが、その分肥料管理は難しくなります。
加えて色合いが強いことから、よりキレイな見栄えにするには刈込みにコツが必要です。他の品種と混ぜて育てる場合には、その部分だけ主張が大きくなるため注意しましょう。しっかり管理ができればこの上なく高品質、その代わり上級者向けというのが姫高麗芝の最も大きな特徴となります。

ですから仮にガーデニングなどで使用したいという場合には、必ず専門店の方で事前のアドバイスを受けてください。せっかくの良さを無駄にしないためにも、最初から知識を蓄えておいて損はありません。ちなみに価格の面では、お店によって結構な金額になります。大体で高麗芝や野芝の1.5倍ほどの価格で取引されるため、広い範囲に植えたい人は費用も嵩むはずです。家計と相談をして、姫高麗芝を手にしてください。

人気商品ランキング

  1. 三種混合ロール巻芝

    三種混合ロール巻芝は、常緑芝を日本で楽しむために開発された天然西洋芝。西洋芝の中でも、暑さ・寒さ、乾燥に強い特殊な品種を配合した、比較的管理が簡単にしやすい芝です。

  2. 姫高麗(ヒメコウライ) ロール巻芝

    姫高麗(ヒメコウライ) ロール巻芝は、高麗(コウライ)芝の葉が細い種類で、見た目が美しく、主にお庭などの造園工事に使われる日本芝です。

  3. ティフトン芝 ロール巻芝

    甲子園でも採用されているスポーツ芝です。踏まれたり、すり切れたりといったダメージからの回復が早く、きめ細かく柔らかい葉が特長。

商品ギャラリー

  • ベントロール巻芝。ゴルフ場のグリーン用芝生を御家庭にいかがですか?耐寒性が高いために、山間部やゴルフ場に適している芝です。耐暑性が無いために、庭園には適していません。

  • 高麗(コウライ) ロール巻芝。ゴルフ場フェアウェイやお庭、公園など緑化用によく使われている日本芝です。手軽に芝生を楽しみたい方にオススメです!

  • 野芝(ノシバ) ロール巻。ゴルフ場ラフや公園、法面など緑化用によく使われている日本芝です。管理があまり必要ない芝なので、低管理型緑地帯にオススメです!


  • リピア(ヒメイワダレソウ) ロール巻。乾燥に強く、刈込み、肥料、消毒もほぼ不要で雑草を防ぐ効果もあり、管理の手間いらず。春から秋にかけて白っぽい、淡いピンクの花が咲きます。

  • リピア(ヒメイワダレソウ) ピース芝。乾燥に強く、刈込み、肥料、消毒もほぼ不要で雑草を防ぐ効果もあり、管理の手間いらず。春から秋にかけて白っぽい、淡いピンクの花が咲きます。