1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫芝生の手入れの仕方と植え方を理解しよう

芝生の手入れの仕方と植え方を理解しよう

庭に芝生を張る場合には、まず植え方を頭に入れておかなければいけません。芝生が育つときの気温は、気温が25度を超えてからになります。20度を切っている場合には成長しないどころか葉っぱが茶色い状態のままになります。そこから考えれば、気温が20度を超えた時に植えるのが一番でしょう。時期としては、場所にもよりますがおおむね3月から5月の間ぐらいに植えるのがよいです。
芝生を植える前の段階で、地面をならしておかなければいけません。基本的に、ある程度硬いところでも育成することは可能になりますが、可能な限り地面を柔らかくしておいた方が、根っこが伸びやすくきれいな広がりが見られます。そこで、地面の表面を柔らかくするために砂地にしておくことが必要です。砂はそれほど多く撒く必要はありませんが、高さ3センチぐらいの砂の層にしておけば芝生が成長しやすくなるでしょう。その上に、芝生を並べていきます。
一般的な並べ方としては、長方形にカットされた芝生のシート同士をくっつけない方法です。この方が、水が染み込みやすいだけでなく成長しやすくなります。
手入れ方法としては、最初に専用の肥料を撒いていきます。芝生が茶色の状態で肥料を撒いてもあまり意味がありませんので、少し緑になってきてから撒くのがよいです。時期としては、4月から5月に1回から2回ほど撒くとなる傾向があります。ただ、あまり肥料を撒き過ぎると枯れてしまう可能性があるため適量にしておかなければいけません。
5月以降になると少しずつ成長してきますが、高さが10センチぐらいになるまで放置しておいて問題ありません。なぜなら、その時期は種が成長してくる時期だからからです。芝生が伸びている部分を見ると、種が付いている部分があることに気がつくでしょう。その部分はカットせず、ある程度種が地面に落ちた後にカットすると良いです。梅雨の時期になると雨が多くなるだけでなく気温も高くなるため、1週間で3センチぐらいは成長します。その時から定期的にカットすると良いです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。