1. ホーム
  2. ≫手動式と電動式、人気のある芝刈り機の機能と特徴

手動式と電動式、人気のある芝刈り機の機能と特徴

芝刈り機には主に手動式と電動式があり、使う場所の面積に合わせて選ぶのが良いでしょう。10坪以内の広さには手動式がおすすめです。狭いスペースなら、手動式の方が手軽で小回りも利いて便利に扱えます。また、電動式では騒音がするため、近隣への迷惑にもなりかねません。住宅街の中での庭のお手入れとして使うのであれば、手動式の方が無難だと言えます。
面積が30坪を超える場合は手動式では体力的に大変になってくるため、電動式を選ぶのが良いでしょう。ただし、電動式の芝刈り機は重量が重くなるので、購入するときに自分が使いやすいかどうかを確認し、できるだけ軽量のものを選ぶようにします。
刃の部分はリール式とロータリー式があり、手動式芝刈り機はすべてリール式になっています。リール式はハサミで切るような仕組みになっていて、芝をキレイに仕上げます。長く伸びた芝をナイフで切るように手入れする場合はロータリー式がおすすめです。
手動式で人気のある芝刈り機は初めてでも使いやすく、刃物の調整が不要です。高さの調節もワンタッチレバー式で楽にできます。刈り取った芝を集めるキャッチャーがついているので、スムーズに芝を刈り取ることが可能です。キャッチャーは前に付いているものと後ろに付いているものとがありますが、後ろにあると前がよく見えるので複雑な場所でも芝刈りがしやすいのがメリットです。足元のスペースが狭くなるので作業がしにくくなる場合があります。
電動式で人気があるのは、充電式の芝刈り機です。近くに電源がなくても使用することが可能で、約15分間連続して運転することができるので広い場所に便利です。また、電動式にもコストダウンを考えたコンパクトな芝刈り機があります。ただ値段が安いだけではなく、壁際の細かいところまで芝を刈ることができたり、高さの調節も簡単にできたりと使う人のことを考えた工夫が施されています。電動式でも刃がリール式で、キレイに仕上げられる芝刈り機も人気です。

シェアをお願いします。